• home
  • お知らせ
  • 金太郎
  • 美女丸
  • 住職のお話
  • 供養
「坂田金時」について

金太郎にはいくつも伝説が存在するが、静岡県駿東郡小山町の金時神社(金太郎が祭られている神社)に記されたものによると、 天暦10年(956年)5月に誕生したという。彫物師十兵衛の娘、八重桐(やえぎり)が京にのぼった時、宮中に仕えていた坂田蔵人(くらんど)と結ばれ懐妊した子供とされる。八重桐は故郷に帰り金太郎を産んだが、坂田が亡くなってしまったため、京へ帰らず 故郷で育てることにした。
成長した金太郎は足柄山で熊と相撲をとり、母に孝行する元気で優しい子供に 育った。

金太郎

天延4年3月21日(976年4月28日)、足柄峠にさしかかった源頼光と出会い、その力量を認められて家来となる。名前も坂田金時(きんとき)と改名 し、京にのぼって頼光四天王の一人となる。なお、他には渡辺綱、卜部季武、 碓井貞光が四天王に名を連ねる。
永祚2年3月26日(990年4月28日)、丹波の国、大江山(現在京都府福知山市) に住む酒呑童子を退治する。酒呑童子は都に出てきては悪いことをするため、 源頼光や四天王たちが山伏姿に身をかえて、神変奇特酒(眠り薬入り酒)を使 って退治した。

坂田金時

坂田金時は寛弘8年12月15日(1012年1月11日)、九州の賊を征伐するため築紫 (つくし・現在北九州市)へ向かう途中、作州路美作(みまさか)勝田壮(現 在の岡山県勝央町)にて重い熱病にかかり死去。享年55だったという。 勝田の人々は公時を慕い、倶利加羅(くりがら、剛勇の意)神社を建てて葬っ た。その神社は現在、栗柄神社と称する。

出典:Wikipedia金太郎より